つれづれにⅡ

時々の思い出をつれづれに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平等院

         

「藤色」平等院の門をくぐるとすぐに、大きな藤棚が目につき紫の花房が重なり垂れさがっています。
淡い紫の花房の優美な花色、ほんのり青味のある藤色、藤紫、
藤原道長が政権の中枢にあった、平安中期に栄華を極めた。高貴な紫のひと色、藤原氏ゆかりの花の色です。
藤


                ブログ友にはお馴染みの平等院です。
お天気のさざまらない日でしたが、藤が見ごろと聞いてでかけました。
平安時代、貴族は洛外の美しい山里を見つけては別荘を設けて風流を嗜んだ。宇治もその一つです。
平等院は1052年(永承7年)藤原頼道によって開創されました。
庭園は浄土式の借景庭園で史跡名勝庭園に指定されています。
また平安時代の文化財が数多く残されています。撮影禁止です。

        画像クリック、大きくして見てくださいね。
<

 <
<
<


                             Sakuraさまソースお借りしてます。

平等院へ
<
宇治橋日本3大古橋の一つ三の間から上流の眺め、ここで秀吉茶会の水を汲んだ。現在も茶会に使われています平等院正門門を入ると赤、白、ピンクのつつじが出迎えてくれます樹齢260年藤の花本堂への朱塗りの橋阿字池(あじがいけ)睡蓮も咲いています一対の鳳凰像(国宝)屋根にあるのはレプリカ池を挟んで本尊阿弥陀如来(国宝)
<
<<





  画像のマウス当ててください~説明がでます~次クリックしてくださいね~(10枚)
                         北斗さまソースお借りしてます。


<<














  1. 2011/05/11(水) 22:23:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:36

皐月 2

       マウスオンお願いしますね。

<>


5月5日は古来から端午の節句として男子の健康な成長を願う行事が行われていますが今年は
近所に鯉のぼり見かけません。例年小さな鯉のぼりがみれらましたが。
我が家も孫の鯉のぼりはありません。
5月飾りも久しぶりに飾りました。
弓と矢は破魔として魔除けのための大事な道具、お正月に弓で的を射る「射的」の儀式が行われる
神社などで行われている流鏑馬(やぶさめ)もこの流れをくむ儀式です。
太刀も魔除けに使われるもので、古来より魔物は光を嫌うと考えられていて、
現在の敬宮愛子さまの守り刀も、群馬県館林の刀かじによって納められています。
宮中では男女を問わず守り刀を与え魔が近寄らないように災厄除を行っています。(インターネットから)

ちまき「難を避ける」と言う縁起的な意味があるとされています。(中国の古事から)

5月の花木ー買い物道に咲く、もみじ、花水木、我が家に咲く草花です。
小さなサムネイルにマウスオンで名前が出てきます。クリックで画像大きくなります。


<<新緑のもみじに種が沢山付いています

<花水木

<綺麗な花水木

<ちょっと変わってきれいな花水木

<ご近所の藤

<今年は諦めていたナルコユリが出て

<ホウチャクソウも沢山出て

<姫ウツギ

<

<


   買い物道に咲くちょっと変わって綺麗なつつじたち~画像クリックしてくださいね。北斗さまソースお借りしてます。
           (5枚画像)


<<

垣根にしている赤目も色がそろそろ変わりはじめ、剪定する時期になってきました。
猫の額ほどの裏庭に、今年も、ミニトマト、桃太郎トマト、茄子、キウリの苗を少しづつ買ってきました。
うまくできるかどうかわかりません。マウスオンお願いしますね~♪。

<>



孫娘包丁が使えるようになりました。ものを押さえる手は猫の手よと教えました。
やきめしに挑戦うまくできました。
先日嫁の誕生日でした。何も欲しいものが無いと言われ、フランス料理に行きました。
息子夫婦の高校の同級生でときどきゆきます。
今日はお任せコース、シャンパンで乾杯、あとはワインで!いろいろでてきたのですがその一部です。
画像クリックお願いします。non_nonさまソースお借りしてます。(5枚)






<
<

<<<
にゃんこの手を忘れないでね1/5















  1. 2011/05/05(木) 23:36:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:41

皐月

待ちこがれた春、3月4月であったはずが、自然の猛威と原発の人災に愕然とし、
忘れられない月となってしまいました。

皐月の「さ」には神に奉げる稲の意味、稲作の月で「さ月」が当てられたそうです。
5月は月並みながら新緑の季節
若葉、萌黄、青緑、松葉
そよぐ葉の緑に心身のリフレッシュをしたいと思います。

買い物道でみかけるモミジの花と若葉のなんとみずみずことでしょう。
画像、マウスオン、マウスクリック、マウスアウト(3枚画像です)

<


ヤグルマソウ
この花をず~とヤグルマソウと思っていました。正確にはヤグルマキクと言うのですねぇ
ブログ友から教えて頂きました。マウスオンに出てくる花が「ヤグルマソウ」もうびっくりでした。
この年になっても知らないことだらけです(^_^;)
有難うございました。   マウスオンお願いします。

<>


我が家に咲くハープの一種「ポリジー」  マウスオンお願いします。
咲き始めにいつも軸をてんぷらにしてお茶受けで楽しんでいました。
ブログ友から「肝臓をわるくするらしいよ」と教えて頂きました。それは大変、以後中止します。
有難うございました。

<>


私立中学~R~に入学した孫の初めての授業参観にママと一緒にでかけました。
素晴らしい校舎に目を見張りました~宿舎も整っているようです。
少し辺鄙なところですが一般バスが校庭内まで入ってくれるのには驚きました。
社会の授業で緯度経度の学習で、先ず今住んでいる宇治の位置、東京、そして前にでて
ニューヨーク、パリの緯度、経度をかかされていました。

マウスオンお願いします。
<>


学校の前に宇治植物園がありました。
生憎の雨になってしまいましたが、せっかくなので入園してみました。
傘をさしての画像ですので見難いと思いますが見てくださいね~。
八重桜のきれいさにびっくりでした。これからはチューリップの季節なのでチューリップを重点に挙げました。
今月のタベストリーは蝶です。
画像クリックしてくださいね~m(__)m donguriさまソースお借りしてます。

Click the Photo
宇治植物園


今、我が家に咲く花です~マウスオンお願いします。(額、出羽ママさまからお借りしてます。
<>

    マウスオンお願いします。
<>







  1. 2011/05/01(日) 15:00:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:31

身近な花木


胸に重苦しさを抱えたまま4月も下旬になりました。ソメイヨシノは葉桜に変身、枝垂れ桜も下に散り桜に
葉桜へとかわりつつあり、桜前線はひたすら北上しているのですね。
木々は新芽が吹き、庭も小さな花々で華やかになってきました。

元気の良いケマンソウ、沢山のタイがぶら下がっているように見えるところからタイツリソウとも
呼ばれます。
ハート型にも見えるロマンチックな花です。マウスオンお願しますね~♪

<>

久ぶりにキジバトが裏庭にきました。何か食べるもの見つけたかしら?。

ハト


買い物道に咲く花木です。実をつける花木も沢山です。画像クリックして下さいね。(10枚)
北斗さまソースお借りしてます。(マウスオンで花名がでます)



<<

庭に咲きだした「ポリジー」ハープ、てんぷらにして頂きます^^。マウスオンお願いしますね~♪

<>


画像クリックしてください~再クリックで戻ります。ドングリさまソースお借りしてます。
椿以外、我が家の庭に咲く花です。
Click the Photo
庭の花を中心に






  1. 2011/04/22(金) 23:06:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:42

平野神社



孫も学校が始まり給食もスタートで昼間好きに行動ができるようになりました。
友人のご主人アッシーで平野神社、大原の三千院に出かけました。
平野神社は「桜花祭」も終わり人出も少なかったです。
まだまだ綺麗でした。三千院はもみじの綺麗なところです。友人希望で行きました。

平野神社
京都のさくらの名所の一つ、さくらの種類の多いので有名です。
794年、桓武天皇の命で大和国から遷座したのが起こり、現在の社殿は
寛永年間の造営で平野造りとよばれ本殿は重要文化財、伊勢神宮、松尾大社と並ぶ
格式のある名社です。
「奈良から京都へ都が遷ったのと時を同じくしてこの地に鎮座しました。
平野皇太子(ひらのすめおおかみ)が祭られています」

画像クリックしてくださいね~10枚画像です。北斗さまソースお借りしてます。


<<

神楽殿横の枝垂れ桜です。マウスオンしてくださいね。
<>
桜の木に花名が書いてありました。○をクリック大きくして見てくださいね!。

<胡蝶桜 
<雪山 
<雅さくら 
<御車返し
<衣笠さくら 
<陽光 
<嵐山(らいざん) 
<白雪 
<平野夕日 
<普賢象

三千院門跡ー京都の北東部に位置する大原、昔は世を捨てた隠者たちが住んだ
隠れ里でした。
天台宗五箇室門跡の一つ、平安時代に皇族がお住まいだったお寺、優美な雰囲気を漂わせた
宮門跡です。
現在の名称は明治4年、法親王還俗に伴い霊天皇辰筆の勅額により
三千院と公称されるようになりました。
庭園は緑色の苔に覆われ、苔むした庭から顔を出す、わらべ地蔵
こけら葺の質素なつくりに味わいがあります。紅葉の名所です。sakuraさまソースお借りしてます。


三千院門跡
<
三千院への入り口これから坂ですおみやげ屋さんの前に立つ大原女人形だいぶ歩いて着きました客殿入り口ここから入って庭の景色を見たり、写経の部屋があります往生極楽院、読経の声が朗々と聞こえて苔むした庭ショウジョバカマの花があちらこちらに弁財天わらべ地蔵わらべ地蔵わらべ地蔵
<
<<

裏庭も暖かな日差しを受けて春の花たちが次々咲きだしています。
花柄つみと取っても取っても出てくる雑草取りに忙しくなってきています。
庭の水仙です。マウスオンしてくださいね~♪


<>





 













  1. 2011/04/16(土) 13:51:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:40
前のページ 次のページ

デジタル・コルクマ3

コルクマワールド

プロフィール

sesiria7

Author:sesiria7
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

草花 (1)
その他 (0)
旅行 (0)
未分類 (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。